2月17日救援活動報告・政策提言集会              ~東日本大震災を忘れない、そしてこの教訓を次へ活かすために~


「この震災で被災した障害者を支援する組織を立ち上げる」 
故三澤了さん(元DPI日本会議議長)の呼びかけで、
東北関東大震災障害者救援本部が立ち上がりました。
まだこの震災が「東日本大震災」と正式に命名される前のことです。

阪神淡路大震災での経験を基に、
足かけ5年にわたり東北での課題と向き合い救援活動を行ってきました。
誰に何をすべきか、何をしなければならないのかを問いかけ、
「顔の見える支援」を心がけました。そして20143月に発災から4年目を迎え、
「緊急支援」の役割を終えたと判断しました。

救援本部を閉じるにあたり、私達は4年間の救援活動の報告と
支援をとおして得たものを政策提言としてまとめました。

311を経験し、今を生きる私達に課せられた責任を確かめ合い、
この教訓を次へ活かすために集会を立ち上げました。
救援活動を支えてくださった方々と共有することから次の一歩が始まります。
多くの方々のご参加をお願いいたします。

日時:217日(水)12時~14時(開場1130分)
会場:衆議院第二議員会館第一会議室
    (〒100-0014 東京都千代田区永田町一丁目71号)
定員:80名(申込先着順) 
申込方法:メールかファックスにて、212日(金)までに下記申込書をお送り下さい。

 申込書兼チラシ(ワード)

 申込先:DPI日本会議
 メール:office@dpi-japan.org、ファックス:03-5282-0017

内容:
 ・障害者救援本部4年間の活動報告(救援本部)、
 ・被災地の今とこれから(岩手・宮城・福島の各被災地センター)
 ・大規模災害に関する障害者支援についての政策提言(救援本部)
 ・議員からの発言(随時)
 ・会場からのご意見
集会終了後、2時間程度の交流会を予定しております。ご参加お待ちしております。

お問合せ・申し込み:DPI日本会議
 電話:03-5282-3730 ファックス:03-5282-0017 メール:office@dpi-japan.org

主催:東北関東大震災障害者救援本部(〒192-0046 東京都八王子市明神町4-11-11-1F
 電話:042-631-6620 ファックス:042-660-7746  メール:9enhonbu@gmail.com

一人でも多くの方に伝えたい… 3.11に何が起こっていたのか

「逃げ遅れる人々」(DVD)に続き、
「その時被災障害者は…」(書籍)ができました。


この書籍では、被災障害者とその家族・支援者の証言から、障害者たちの避難の実態と試行錯誤の支援の様子が鮮明に描かれております。

被災地の障害者たちは尊厳のある避難生活えています。このことばからどれだけ人間としての尊厳みにじられた避難生活だったのか想像できました。
救援活動記録としてられたれる人々」(DVD)ができると予想以上反響がありましたみなさん災害時障害者実態、そして危機感をもって防災意識めました。「予想できないことからできることをめたのだといます
DVDられたたちからの感想いてさらに障害者たちの3.11えたいといましたそんないをいのちのことばさんがめてくださることになりましたこうしてこの出版されることになりました
つらいしい体験をあえてっていただきましたしたくない体験をおいしてっていただきましたたちがぶべきものがたくさんまっています
 この3月に発売されたばかりです         
是非、是非、手にとって読んでいただきたいと思います。お勧めです。
                 
ご希望される方は、メールかFAXで申し込みください。
全国自立生活センター協議会にお申し込みいただきますと1800円+送料160円でお届けします。

注文票 ⇒ PDF形式

4年間の活動に対するご支援 ありがとうございました -緊急支援終了により 救援本部は解散へ- 

―緊急支援終了により 救援本部は解散へー 
 救援活動はいつまで必要なのか、被災地は復興したのか、被災障がい者達は今後どんな支援を望んでいるのか等など救援本部としても話し合いを重ねてきました。そして緊急体制としてこのまま維持するのでなく、呼びかけ団体のゆめ風基金とDPI日本会議そして全国自立生活センター協議会(JIL)の3団体が日常の中で財政面と制度面をバックアップしていくことで、解散をすることの結論にいたりました。各地の被災地障がい者支援センターにも救援本部解散の意向を伝え、解散後のあり方を考えていただくよう1年前から準備してきました。現在最終の詰めを行なっているところです。
被災から4年目を迎えるこの3月で救援活動を終了し、その後この4年間の救援活動の総括や支援金の決算、今後に残された業務の分担など解散に当たっての課題を整理して、夏頃には解散報告会をもち終了としたいと思っています。
これまで救援本部に支援をいただいたみなさんに改めてお礼を申し上げますとともに、今後もそれぞれの立場から被災地を応援していただくことを心よりお願い申し上げます。
救援本部解散に伴いまして、支援金の受付を終了しました。
4年もの長きにわたり、心からの感謝です。街頭での募金活動、イベント会場や団体事務所に置かれた募金箱、定期的に届けてくださった方、年金の中から送ってくださった方、匿名の方、事務所まで足を運んでいただいた方、本当にありがとういございました。「顔の見える支援」をと思ってきましたが、励ましのメッセージや季節ごとのお便り機関紙の感想など、被災者だけでなく支援金を送ってくださる方々のお顔も見えたように思いました。3月末で会計を締めまして、決算に入ります。決算報告は、機関紙で公開しお知らせいたします。
なお今後、被災時の障がい者救援金は ゆめ風基金が引き継ぎます。
 ゆめ風基金は阪神淡路大震災をきっかけに、緊急時に備えておこうと発足しました。

これまで、地震・噴火・豪雨・台風・・・さまざまな自然災害が起こり、「ゆめ風基金」からは海外も含めて被災地の障害者・児に届けています。今回の救援活動も当初はこの基金を元にしております。お気持ちをこちらに寄せていただけるよう、お願いいたします。

ゆめかぜ【ゆめ風基金】振込方法
 郵便振替口座  00980-7-40043  ゆめ風基金
 ゆうちょ銀行  店番 099 当座0040043  ユメカゼキキン


★「逃げ遅れる人々」のDVDは、これまでどおり扱います。
事務局を閉じるまで、これまでどおり東北関東大震災障害者救援本部で扱います。また上映会などそのほかのお問い合わせも従来どおりです。例年のことですが、3月を迎えると、この上映会とあわせて防災関係のイベントが多くなります。
また救援本部事務所のあとは、全国自立生活センター協議会がひきつぎます。
★救援本部の事務所は、当面夏頃まで引き続きます。
電話、ホームページ、E-Mailもそのままです。
今後は、救援活動の総括 支援金の決算とその報告 被災地支援センターの閉鎖に伴う業務などにあたります。  
機関紙は4年間の活動報告のまとめをするまで、お届けします。